CVR

ECサイトの場合アクセス数が多くても、ユーザーが購入まで至らなければ意味がありません。そこでCVR(Conversion Rate)という指標が重要になってきます。サイトのアクセス数のうち、コンバージョン(会員登録や購入など)に至った割合のことで、CVRの指標が高いほど費用対効果が高いことになります。